旭市立中和小学校  
メニューをスキップして本文へ


このサイトに掲載している画像、文章、その他の情報の無断使用はご遠慮ください。





1年 生活科 あきの虫となかよし


「バッタが飛んだよ!もう少しでつかまえられたのに。」

「ここにもバッタの赤ちゃんが!」

マリーゴールドの花壇にもたくさん虫がいました。

つかまえているうちにだんだん夢中になっていきます。

3年生のお兄さんが虫のつかみ方を伝授。頼もしい!

9月19日(木)1年生は生活科で「秋の虫となかよし」の活動をしました。校庭でバッタやコオロギなど秋の虫をつかまえて暮らしぶりを観察します。はじめはこわごわつかまえ始めました。つかめない子もいました。友だちと時に協力して、時に競い合いながら虫取りをしているうちにだんだん夢中になっていきました。つかまえた虫をかごに入れるとかわいくて仕方ない様子。昼休みにも頭を寄せ合って観察していました。そこに3年生の虫取りのお兄さん登場。世話の仕方や虫のつかまえ方をやさしく教えてくれました。虫が好きになった子ども達は明日からの三連休も世話をするためにお家に持って帰りました。上手にお世話ができるよう、ご家族の皆様、励ましてあげて下さい。



前のページへ ページの先頭へ