旭市立中和小学校  
メニューをスキップして本文へ


このサイトに掲載している画像、文章、その他の情報の無断使用はご遠慮ください。





9月10日 だれもいなくなったランチルーム


中和小の自慢の1つランチルーム。いよいよ誰もいなくなりました!

3年生は9月から教室で給食を食べています。

最後までランチルームを守っていた5年生も9月10日・11日は教室へ。

6月から教室で食べていた4年生は後片付けもすっかり慣れました。

 中和小の自慢の1つ、ランチルームから誰もいなくなりました。この酷暑のせいです。6月学校再開時、密集をさけるために1・2・4年生は教室で、6年生は家庭科室(児童数17名なので入りきります)で給食を食べるようにしました。給食を上の階に上げるにも中和小にはエレベーターがありません。そこで3年生と5年生がランチルームを使うようにしていましたが、ランチルームにはエアコンがありません。
 8月いっぱい3台の扇風機でしのいできましたが、さすがに31℃越えのランチルームは厳しい。そこで2階に教室がある3年生が9月より教室で給食を食べるようにしました。5年生は4台の扇風機をフル稼働で涼風ゾーンを作り、ランチルームを守ってくれていました。しかし連日の熱中症指数「危険」と夏の疲れも出てくる頃で食欲も減退しがち。3階に教室があるために運搬に心配になった子ども達は何度も話し合い、ついに試行することを決定。教室での給食となったわけです。汁物などは職員が上げるようにしました。空調の効いた教室はやはり快適なようですが、やっぱりランチルームも恋しいようで来週にはもどる予定です。
 6月から教室(2階)で食べている4年生は食缶をもって階段を上がるのも下りるのもすっかり上手になりました。とはいえ、一日も早く全校児童が集まって楽しく会食できる中和小にもどることを願います。



前のページへ ページの先頭へ