旭市立飯岡小学校  
メニューをスキップして本文へ


このサイトに掲載している画像、文章、その他の情報の無断使用はご遠慮ください。




学校経営

(令和4年度)


学校経営方針

【学校教育目標】 「確かな学力,豊かな心,健やかな体を備えた児童の育成」

 教育は児童の人格の完成を目指し,心身ともに健康な国民の育成を期し行われるものである。本校では,「素直に  たくましく」の校訓のもと,学校教育目標「確かな学力,豊かな心,健やかな体を備えた児童の育成」の具現化に向け,全教職員が一丸となって取り組んでいく。
 一人一人の児童が,誰からも認められる学校,笑顔があふれる学校づくりを学校経営の基本方針とする。

【令和4年度のキーワード】 すべては子どもたちのために

【経営の重点】

(1)ふるさと教育の推進
   郷土を愛し、誇りに思う心の育成に努める。
(2)社会の変化に対応できる確かな学力の育成
   社会の変化に対応できる確かな学力を育む教育内容の充実と精選を図る。
(3)思いやりのある豊かな心の育成
   道徳の時間の充実、体験活動の交流活動を実施する。
(4)健康でたくましい体力のある体の育成
   望ましい生活習慣を身に付け、体力向上に向け進んで運動に親しむ活動の充実を図る。
(5)地域とともに歩む学校づくりの推進
   家庭・地域との連携を密にし、地域学校協働活動の推進を図る。
(6)教職員の人材育成と働き方改革の推進
   人が最大の教育環境であることを意識した教職員の資質向上に努める。

【めざす児童像】いいおかっ子

い:一生懸命考え、進んで学習する子
い:生き生きと生活する子
お:思いやりがあり、助け合う子
か:体を進んできたえる子


【めざす学校像】

○楽しく学び,笑顔があふれる学校
○挨拶と温かい言葉が行き交う学校
○安全・安心な学校
○地域とともに歩み,信頼される学校

【めざす教師像】

○明るく笑顔で豊かな人間性を持つ教師
○子供の良さを見つけ、大切にする教師
○組織の一員として互いに協力し合う教師
○自律し指導力に優れた教師
○健康で笑顔あふれ、児童・保護者・地域から信頼される教師







前のページへ ページの先頭へ